弁護士費用

1.費用の種類

弁護士に支払う費用の種類には、着手金、報酬金、手数料、相談料、日当、実費などがあります

着手金

着手金は、弁護士に事件を依頼した段階で支払うもので、事件の結果に関係なく、つまり不成功に終わっても返還されません。

報酬金

報酬金は、事件が成功に終わった場合、事件終了の段階で支払うものです。成功というのは、一部成功の場合も含まれ、その度合いに応じて支払います。

手数料

事務的な手続を依頼する場合に支払います。手数料を支払う場合としては、書類(契約書、遺言など)作成、遺言執行、会社設立、登記などがあります。

相談料

弁護士に相談した場合の費用です。丸尾総合法律事務所では、ご面談及び電話やスカイプ相談の場合、法律相談料を1時間1万円(消費税別、30分延長ごとに5,000円 消費税別)いただいております。メール相談の場合は、1通5,000円(消費税別)です。ご相談には事前のご予約(電話、スカイプ、メールについては、事前のご予約と事前のお振込み)が必要です。詳しくはお問い合わせフォームへ

日当

出張を要する事件については交通費、宿泊費、日当がかかります。時間での活動をする場合、タイムチャージ制で日当を請求することがあります。

実費

実費は、事件処理のため実際に出費されるものです。印紙代、切手代、コピー代、保証金、鑑定料などがあります。

2.民事訴訟の着手金および報酬金

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の部分 5% 10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の部分 3% 6%+138万円
3億円を超える部分 2% 4%+738万円

※事件の内容により、30%の範囲内で増減があります

 

詳しくは丸尾総合法律事務所まで直接お問い合わせください。
お問い合わせ:03-5369-2515

お問い合わせフォームは24時間受付しております